カテゴリーを越えた戦い ~川崎フロンターレvs愛媛FC

 

こんにちは。今回初めて執筆させていただく井上です!

 

私が観戦した試合は等々力陸上競技場で行われた天皇杯3回戦 川崎フロンターレvs愛媛FCの試合です。

 

私は普段から地元のクラブである川崎フロンターレを10年以上応援しており、ホームやアウェイ関係なく、生観戦するほど大好きなクラブチームです。スタジアムに入ってピッチを見たときに気持ちが高まる感じが癖となりスタジアムに長いこと通い続けています!

 

私は愛媛FCの試合を生で観るのが始めてです。現在は順位が低いですがどんなサッカーを見せてくるか楽しみです。個人的に堀米選手が好きなので、かなり楽しみな試合です。

等々力陸上競技場は自宅から自転車で5分程度の距離に位置してるので親しみのある競技場です。アクセスはJR・東急武蔵小杉駅から徒歩20分or直行臨時バス6分(試合当日のキックオフ2時間前からのみ) JR武蔵中原駅徒歩15分 東急新丸子駅から徒歩15分です。

競技場は住宅地に位置しているので、初めて駅から歩いて行く際は道に迷ってしまうサポーターも多いので、あらかじめ調べてから行くことをおすすめします。また商店街もあり、歩いていくのも楽しいですよ!

 

武蔵小杉駅・武蔵中原駅・新丸子駅のホームの電車発車メロディーが川崎フロンターレの応援歌になっているので通る際は是非聞いてみてください!

 

等々力陸上競技場の近くにコンビニがないため、バスで競技場に行く際は駅の近くであらかじめ用意することをおすすめします。カンとビンは持込みは禁止なのでお気をつけください!

 

観戦記に入ります。

 

今回は天皇杯ということもありキックオフの1時間くらい前に競技場に到着しました。お腹も減ったことでフロンパークでスタグルでも食べようと思いましたが、今回フロンパークは開催していませんでした。天皇杯などリーグ戦以外の試合開催時は川崎フロンターレの公式サイトを確認することをオススメします!

 

入場ゲート前でふろん太くんが出迎えてくれました!

IMG_1245

愛媛FC公式マスコットの伊予柑太くんと準公認マスコットの一平君も来場していました!特に一平くんは大人気で川崎フロンターレサポーターからの知名度が高かったです!Jリーグのアイドル的存在ですね。

IMG_1265

現在等々力陸上競技場は改修工事を行っており、来年には収納人数3万人を超える規模になる予定です。現在は2万人しか収納できませんが常に満員のスタジアムを体感することができます。

等々力競技場はホーム自由席のチケットでゴール裏からバックスタンド1階と2階の一部で観戦できます。声を出して応援したい人はゴール裏で試合をじっくり見たい人はバックスタンドで観戦するなどその日の気分によって変えることができます!

IMG_1244

天皇杯では、ホーム側とアウェイ側に出入りすることが可能です。せっかくアウェー側に行ってみると、愛媛FCのグッズショップがあり、訪れてみました。愛媛FCのグッズを普段みることがなかったので、とても新鮮でした。記念に一平くんのぬいぐるみを購入しました。

 

川崎フロンターレ0-1愛媛FC

得点 愛媛FC表原玄太

入場者数5104人

 

両チーム直近にリーグ戦があった為、メンバーがフレッシュな顔ぶれでした!普段のリーグ戦では見ることのない選手を見れるのも天皇杯のよさでもあると思います。大学サッカーや高校サッカー好きの方はルーキー選手が出場する機会が多いので注目してみてください

 

試合を振り返って

川崎フロンターレはボールを持った選手に対してサポートが少なかった印象です。バックラインとボランチの間のスペースが開いてしまい、そのスペースを使われるシーンが多く見られました。

 

対する愛媛FCは中盤をコンパクトにし、川崎フロンターレの攻撃陣に対して人数をかけて守備していました。攻撃面では若手選手がドリブルを中心としたカウンター攻撃で決定的なシーンを作っていました。

 

川崎フロンターレの守備陣はJ1経験豊富な選手ばかりでしたので、愛媛FCの選手には大きな自信になったと思います。

 

愛媛FC、4回戦の対戦は9月10日NACK5スタジアム19時キックオフ!相手は大宮アルディージャで「オレンジダービー」です。両チームともリーグ戦に苦戦していますが、この試合に勝って弾みをつけてほしいところです!

 

IMG_1247

やはり初めて観るチームの試合は面白いです!私はあえて選手に関して予習をしないで観るのが好きで、その日にお気に入りの選手を見つけるのが恒例となりつつあります。さらにこのチームはこんなサッカーをするのか!など多くの発見があります。客観的に試合を見るのもたまにはいいかなと思います。これから新たな発見を求めにJ2の試合を多く生観戦してみたいと思いました。

~TFUとは?~

Jリーグ好き同士が交流企画や飲み会・フットサルなどを通して自分のチームの良さを再確認したり他のチームの良さを知ったりしながらJリーグの楽しさを共有する一方、あまりJリーグに興味のない学生さんに楽しさを伝えるためにブログの執筆や観戦企画、スタジアム企画などを提供していく、サッカー団体です。
Twitter:@tfu_jleague

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook