〜新生JFL開幕〜 Honda FCvsレノファ山口FC

こんにちは、TFUというサッカー観戦サークルで活動しているヤスキと申します。今回からココジェイ!で観戦レポートを書かせていただくことになりました。応援しているクラブはHonda FCです。これから主にJFLの観戦レポートを書いていこうかと思っていますので、どうかよろしくお願い致します。

 

3/16(日)、まだ風が吹いて肌寒い季節の中、JFL2014シーズンが開幕。J3の設立に伴い地域リーグから多くのクラブが入会し、また2ステージ制を導入したことで大きな転換期を迎える今季のJFL。今回はファーストステージ第1節、Honda FC vs レノファ山口FCをレポートします。

Honda FCのホーム、Honda都田サッカー場バックスタンド端からの景色。

この日は穏やかな晴れで絶好のサッカー日和!しかし、風が絶え間なく吹いて肌寒く感じました。この風がプレーにも影響します。

メインスタンド入場口では、いつものようにHonda FCのマスコットキャラクター、パッサーロ君がお出迎え。

また、ゆるキャラグランプリ2013で2位に輝いた家康くんも都田まで駆け付けてくれました!

試合前の腹ごしらえ。都田はJFLの中でも充実したスタグルを誇っています。ポテト、焼きそば、焼きおにぎり、お団子まで揃っていて、種類が豊富!

また、今季から都田に広島お好み焼きが出店することになりました。

この日は残念ながらお金が無かったので食べていませんが、次回はどういう味が確かめてみたいと思います。

前座試合でプレーしていた小学生チームがバックスタンド端に加わったことにより、この日のRosso(Honda FC私設応援団)の応援も盛り上がりをみせます。

対するレノファ山口FCのサポーター。

試合前の練習風景。

この試合では24古橋達弥選手に注目していました。セレッソ大阪モンテディオ山形湘南ベルマーレで活躍した、かつてのエースストライカーがHonda FCに十年振りの復帰!どんなプレーを魅せてくれるか楽しみです。

去年JFL5位のHonda FCが昇格組レノファ山口FCを迎え撃つ構図のこの試合。前半5分もしない内に試合が動きます。左サイドを突破した4砂森選手がクロスを上げると、ファーサイドに詰めていた8香川大樹選手がヘディングで合わせ、Honda FCが先制。これでHonda FCがペースを掴むと思われましたが、風が強く、両チームとも前線までボールを繋げずシュートが打てない展開が続きました。前半はこのまま、Honda FCが1-0でリードしたまま終了。

後半も同じような展開が続きましたが、62分にHonda FCが追加点。中央でボールを繋ぐと、左サイドの4砂森選手が左足を一閃。サイドネットにボールが突き刺さりました。これで勢いに乗るかと思いきや、2-0は危険なスコア…直後の68分にペナルティエリア内でレノファ山口FCの選手を倒してPKを献上。これを9岸田選手が落ち着いて1清水谷選手の逆を突き、レノファ山口FCが2-1と追い上げます。しかし徐々に主導権を握り始めたHonda FCは10柴田選手がペナルティエリア外から豪快にミドルシュートを叩き込み3点目。その後は両チームとも得点を狙い攻撃を続けるも、そのまま3-1で試合終了。Honda FCが開幕戦勝利を果たしました。

全体の印象として、シュートが少なく感じました。両チームともボールを繋げるスタイルなのか、シュートを打てそうなチャンスがある中でもパスを選択するシーンが目立ちました。だからこそ4砂森選手・10柴田選手の思いっ切りの良いシュートが鮮明に映ります。Honda FCでは24砂森選手の活躍が光りました。去年から既にレギュラーでしたが、二年目の今季は彼がいる左サイドにボールが渡るとワクワクします。積極的な攻撃参加でアシスト・ゴールを量産してくれることを期待!

また、レノファ山口FCについて。まだJFLの当たりの強さに慣れていないように感じましたが、昇格組とは思えない落ち着いたプレーを都田で披露してくれました。今回は3-1のスコアが示すより接戦の内容で、次節も侮れない相手になるかと思います。

 

ヤスキでした。

~TFUとは?~

Jリーグ好き同士が交流企画や飲み会・フットサルなどを通して自分のチームの良さを再確認したり他のチームの良さを知ったりしながらJリーグの楽しさを共有する一方、あまりJリーグに興味のない学生さんに楽しさを伝えるためにブログの執筆や観戦企画、スタジアム企画などを提供していく、サッカー団体です。
Twitter:@tfu_jleague

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook