横河武蔵野FCvsファジアーノ岡山:観戦レポート

Jへの執念!ファジアーノ岡山が勝利をもぎ取る

横河武蔵野FC 1-3 ファジアーノ岡山

芝生ではしゃぐ子供たちをよそ目に、どんよりとした空が会場の空気をより重くする。両者にとって重要な試合となった横河武蔵野FCvsファジアーノ岡山。なかなか試合に入り込めなかったファジアーノ岡山が、先制を許しながらも逆転勝利で切れかけた首をつないだ結果となっている。しかし、上手く崩したと言うよりは横河武蔵野FCの自滅という印象が強い。しかし何はともあれ重要な試合で貴重な勝ち点3を拾ったのは間違いない。運も実力のうちであり、運を掴んだのは実力だ。後半にしっかりと立て直せた強さは非常に評価できる。ファジアーノ岡山は最短で次節、ホームの栃木SC戦で4位以内が確定する。
武蔵野陸上

稀に見るJFLのなかでもベストゲーム

JFLの上位同士らしい面白い試合が展開された。サイドを基点にドリブルとショートパスを使って中央に侵入する横河武蔵野FC、中央を基点にサイドに展開してクロスからの得点を狙うファジアーノ岡山。前半こそファジアーノ岡山は自分たちのサッカーが出来ていなかったが、後半の両者のスタイルが対峙した時間帯は楽しませてもらった。また、両者とも守備に入ったときは互いの進入を許さない堅い守備を披露してくれた。全4点の得点シーンもスーパーゴールとは言わないが魅力的なゴールばかりで、重要な一戦らしい、Jリーグ顔負けの試合を見せてくれた。
武蔵野vs岡山

「4分の3」参入レースは決着へ、、

佐川印刷SC 3-0 ガイナーレ鳥取

ガイナーレ鳥取がついに敗れた。佐川印刷SCに3-0で屈し、4位のファジアーノ岡山との勝ち点差は4へと広がっている。残り2試合で積める勝ち点は6。ファジアーノ岡山カターレ富山の4位以内が早くて次節、しかも自力で確定できる。これにより試合順が最後のガイナーレ鳥取は試合前に4位以内への道が消滅している可能性がある。

Jリーグ参入戦線:勝ち点積み上げシミュレーション
勝点 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65
2 栃木 0-0-3 0-1-2 0-2-1 1-0-2
0-3-0
1-1-1 1-2-0 2-0-1 2-1-0
3 富山 0-0-3 0-1-2 0-2-1 1-0-2
0-3-0
1-1-1 1-2-0 2-0-1 2-1-0
4 岡山 0-0-2 0-1-1 0-2-0 1-0-1 1-1-0 2-0-0
5 鳥取 0-0-2 0-1-1 0-2-0 1-0-1 1-1-0 2-0-0
6 横河 0-1-1 0-2-0 1-0-1 1-1-0 2-0-0

表内は残り試合が「1勝2分3敗」なら「1-2-3」と表記している

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook